勃起しないと意味がない?逆援女性とのセックスの前にすべきこととは

   

この記事の所要時間: 31

逆援助交際をするにあたって、最も重要なのが精力、勃起力です。なぜなら、お金を払ってまでセックスをしようとする女性には、容姿がいまいちな方が多いからです。

美人とはいえなくとも、普通くらいの見た目であれば、女性は、セックスの相手を見つけられるわけですから、そういった状況のなかで、金を払わないとセックスできないという女性は、普段あまり男性に相手してもらえない部類の人でしょう。

そういった人とセックスをするときに、ペニスが果たしてきちんと勃起するかどうか、これは非常に重要なことなのです。この記事では、勃起力を高める方法、ペニスが反応しないときの対処法をご紹介いたします。

オナニーを我慢すれば勃起力は高まる?

逆援助交際の相手の女性とセックスをするときに、ペニスをきちんと勃起させるには、事前の準備が不可欠です。オナニーを3、4日我慢するだけで、ペニスの感度は非常に高くなります。

少し触られただけで勃起するような状態です。そのように準備していけば、相手が誰であろうとも、弄られれば否が応でもペニスは勃起するでしょう。

オナニーを我慢する期間についてですが、これは先ほども申し上げましたとおり、3、4日で構いません。1週間、2週間と我慢する必要はないのです。

ではなぜ、3、4日が目安なのかというと、3日で精子は満タンになるからですね。精子が溜まっていくのに応じて少しずつペニスの感度が上昇していくわけですが、1週間オナ禁した場合と、3日我慢した場合とで、感度に大きな違いがあるかというと、私は大して差はないと思います。あまり我慢して辛い生活を送るのもよろしくないですから、長期間オナ禁を続ける必要はありません。

バイアグラなどの勃起薬を飲む

バイアグラなどの勃起薬を飲めば、ペニスを無理やりにでも勃起させることができます。その効果は、一度お飲みいただければお分かりになるでしょう。ちょっと触ったりするだけで、ペニスがパンパンに硬く大きくなるのです。

バイアグラは、専門のクリニックで処方してもらえるほか、個人輸入で病院を通さずに仕入れることもできます。心臓に負担のかかる薬ですので、飲む量は1回25㎎くらいを目安にしましょう。

ちなみに私は50㎎の錠剤(欧米人用)を何度か飲みましたが、体調不良を起こすことはありませんでした。よっぽどでないかぎり「飲みすぎ」になるということはありませんので、心配しなくとも大丈夫です。でもやっぱり安心なのはお医者さんに処方してもらうことですかね。個人輸入が不安だという方は専門のクリニックへ相談に行ってください。

妄想や暗さでカバーする

オナ禁をして、バイアグラなどの勃起薬を飲んで挑めば、ペニスが勃起しないなんてことはほぼありません。しかし何かの拍子に元気を失うという可能性もゼロではありませんので、そうなったときには、たとえばエッチな妄想をしたり、部屋を暗くして相手の顔を見えなくしたりして、ペニスの機能の回復を待ってください。

ブサイクな子が相手でもそれなりにエッチなことを楽しめるようになるには、風俗通いがおすすめです。「地雷」が出てきた場合でも、やはり何かエッチなシチュエーションを妄想したり、部屋を暗くしたりすれば、意外とペニスは反応してくれるものです。そういうペニスの「立たせ方」に慣れていれば、逆援助交際のときに困ることもないでしょう。

みなさんもぜひ、相手が見つかりましたら、オナ禁や勃起薬、風俗での練習をお試しください。

逆援助交際について詳しく書かれた記事→逆援女性の探し方

 - 出会うためのテクニック